にきび、にきび跡の治療法のことなら!
      スポンサード リンク

にきび跡治療FGF治療

FGF治療はクレーターや凸凹のにきび跡改善にとても効果的な治療法として注目されている最新治療法です。

FGFとは線維芽細胞増殖因子のことで、真皮にある線維芽細胞というコラーゲンやエラスチン、基質を新たに作り出す細胞に働きかけて成長と増殖を促すため、にきび跡のクレーター治療に効果を発揮します。

FGFはこの受容体が線維芽細胞自体に存在するため、CO2レーザーなどで角質層を破壊する必要があります。このためFGF治療を行う場合はまずCO2レーザーでにきび跡の周囲の堤防(凸)部分の古く固まった角質層を滑らかにしてからFGFを塗布または注射してやる必要があります。

FGF(線維芽細胞増殖因子)自体は体内に存在する因子ですので害はありません。またFGF-1ならば、レーザー治療を行わずそのまま患部に塗布するだけで効果が期待できるとされています。

レーザー治療+FGF注入治療の最新治療法なので料金も他の治療法に比して高価なようです。ケミカルピーリングとイオン導入治療では改善が見られなかったにきび跡の治療に良いと思います。
にきび跡治療法ナビ | にきび跡治療FGF治療
スポンサード リンク