にきび、にきび跡の治療法のことなら!
      スポンサード リンク

にきび跡治療 イオン導入

にきびやにきび跡治療を行っている皮膚科やクリニックの多くがケミカルピーリングとイオン導入を組み合わせて相乗効果を狙った治療法を行っています。

イオン導入とは微弱な電流をニキビの箇所の皮膚に流すことでイオン化した水溶性薬剤(ビタミンC誘導体など)をアクネ菌によって破壊された真皮の深層まで浸透させにきびに効果的な成分を流し込んでやる治療法です。

ケミカルピーリングが皮膚の表面から治療を施すのに対してイオン導入は皮膚の内部から治療を施していく、とイメージするとわかりやすいかと思います。にきびやにきび跡をサンドイッチにして治療していくため単体で行うよりより改善効果が期待できます。

当然、ビタミンCを口から摂取するよりもにきび患部への浸透性が高く、直接患部へビタミンC誘導体を塗布するよりもさらに高い浸透性が期待できます。

最近では、家庭でもケアできるように手軽な価格でイオン導入器が販売されるようになり一般的に知られるようになりましたが、医療機関専用イオン導入器は医療機関でしか使用を認められていない機能が付加されており、先のケミカルピーリングのほかに相乗効果をもたらすと言われている超音波マッサージなどとの組み合わせを考えると、まず皮膚科に診察、相談に行かれることをお勧めいたします。イオン導入によってにきび、にきび跡の改善が見られたならば、そのときに、補助的な役割として家庭用イオン導入器を購入されるのが良いのではないでしょうか。

また、医師の指導を受けることによってトラブルを極力避けることができ、アフターケアのアドバイスも受けられるメリットがあるということも忘れてはならないでしょう。
にきび跡治療法ナビ | にきび跡治療イオン導入
スポンサード リンク