にきび、にきび跡の治療法のことなら!
      スポンサード リンク

白にきび・黒にきび・赤にきび

にきびの症状を段階で説明すると、白にきび黒にきび赤にきびという順番になり最終段階の赤にきびを何の処置もせず放置しておくとにきび跡として残る可能性が高くなってきますので早めに患部の炎症を抑えるために皮膚科等の医療機関へ診察に行かれることをお勧めいたします。

にきびの発症は毛穴部分が詰まり、古い角質や皮脂などが外に排出されなくなり、毛穴の入り口部分で固まり発生します。この段階では皮脂の塊が白っぽく見えることから白にきび(閉鎖コメド)と呼ばれています。このとき手でプチッと押し出すと白い皮脂などが出てきますが絶対に自分自身ではしないようにしてください。細菌が繁殖して炎症をおこす元となります。

白にきびのまま放置しておくと、表面が紫外線や空気に触れることによって酸化しニキビの先が黒く変色してきます。この状態を黒ニキビ(開放コメド)と呼びます。

白にきびも黒にきびも早めに医療機関で皮脂の詰まりを取り除いておくことで患部の炎症を抑え、にきび跡の原因となる次の段階の赤にきびへの進行を防ぎます。

白にきび、黒にきびを放置してしまうと、本来排出されるべき皮脂がどんどん患部に溜まっていき、皮脂が大好物なアクネ桿菌が繁殖します。このアクネ桿菌をと取り除こうとしてカラダの中の白血球が患部に集まり、熱を帯び・・つまりは炎症をおこしてニキビが赤く腫れ上がった状態になります。これを赤にきびと呼び、にきび跡になる一歩手前の症状です。赤にきびは炎症をおこしていますので手で触ると痛みを感じるようになります。この段階でも早めに適切な処置をすることでにきび跡になることを防ぐことができます。

赤にきびよりさらに酷い状態を黄にきびと呼びます。これは赤にきびからさらに炎症がひどくなり腫れ上がって化膿している状態です。患部にクリーム色の膿が溜まるのでにきびが黄色く見えます。この段階までにきびの症状が進むとかなりの高い確率でにきび跡として残ってしまいますので一刻も早く医療機関で治療を行うことが必要です。

どの段階のにきびでも適切な治療を行うことでにきび跡は防ぐことができます。にきび跡(クレーター・凸凹)は一旦、なってしまうとなかなか完治させることが難しいため、にきびの段階で治療し予防することが大切です。
にきび跡治療法ナビ | 白にきび・黒にきび・赤にきび
スポンサード リンク