にきび、にきび跡の治療法のことなら!
      スポンサード リンク

にきび跡治療の健康保険適用の可否

にきび跡治療の場合に健康保険が適用されるかどうかですが、基本的に薬などの処方されるもの以外は全て健康保険適用外と思っていただいてよろしいかと思います。

ニキビあとの瘢痕(はんこん)が著しく機能障害をきたしている場合などの特殊な例を除いてはにきび跡治療は基本的に健康保険は適用されず自費治療となります。

にきび治療の場合は適用される場合が多いです。ただし同じ疾患に対して保険診療と自費治療を同時に受けることは出来ませんので、経済的負担を軽くしたい場合はまず最初に保険適用内での治療を受け、様子をみながら自費治療に移行されるのが良いと思います。

皮膚科や形成外科ではごく一般的にケミカルピーリングやイオン導入、レーザー治療、欧米では1番ポピュラーなトレチノイン酸治療がにきびの治療として取り入れられていますが現況ではそのほとんどが健康保険適用外という扱いです。

今後、ますます上記の治療法が手軽に、一般的に認知されるようになると保険適用になる可能性はありますが、残念ながら今はかなり高額な治療法となっています。ですので自費治療を受けられる場合は、治療を開始する前に複数の病院の料金を比較検討されることをお勧めいたします。

健康保険が適用される治療はアクアチムローションなどの抗生物質や、ビタミン剤、漢方薬といった服用するお薬、カラミンローションなど患部に塗布する外用剤を使用する場合などがあります。
にきび跡治療法ナビ | にきび跡治療保険適用の可否
スポンサード リンク