にきび、にきび跡の治療法のことなら!
      スポンサード リンク

にきび・にきび跡の悩み

にきびにきび跡(痕)に悩んでいるのは赤ちゃんニキビの新生児や乳児、それから、顔・・特におでこ(額)、こめかみ、鼻(の下)のTゾーンにできやすい思春期ニキビの子供だけじゃないですよね。大人も男性、女性に関係なくにきびやにきび跡に悩んでいる人は多いと思います。

当サイトでは頬、顎(あご)、口、耳、首、頭(皮)、背中などの場所にできやすく処置を怠るとにきび跡(クレーター、凸凹)になりやすい大人にきびを中心にニキビや、にきび跡に効果的な治療法や改善・対策・予防法、にきび跡治療・ケアを専門的に扱っている皮膚科の病院、クリニックをご紹介していきたいと思います。

にきびとは吹き出物のことで思春期に出来る事が多く「青春のシンボル」なんて言い方をされますが大人になってからも出来ることが多く、特に「背中にきび」と呼ばれるとおり、背中にできることがあるのが特徴です。

にきびの段階としては白にきび⇒黒にきび⇒赤にきびとなり、赤みを帯びたにきびというのは皮膚が炎症をおこしている状態で、できるだけ早くに治療してやる必要があります。放置しておくと色素沈着でニキビ跡(痕)として残ってしまう可能性が高くなります。一度クレーターになってしまうとなかなか肌を完治させるのは難しいとされています。

一口ににきびやにきび跡の治療法と言っても、それはレーザーやピーリング、薬などで医学的に治す方法や日々の食事や睡眠時間などの日々の生活改善で予防し治していく方法、サプリメント、栄養剤などの健康補助製品や化粧品(水)などのスキンケア、最近ではにきびエステや漢方薬といったもの、はては培養皮膚といったことによって予防、治療を図るものなど様々です。

また、にきびやにきび跡が出来やすい、残りやすいというのは多分に体質に影響されるところがありますので、まずは自分の体質を良く知るというところから予防、治療が始まるといってよいでしょう。

初期のにきびの段階で無理に自分で潰したり取ろうとすると炎症や皮膚病の原因にもなります。またステロイド系軟膏を勝手な判断で患部に塗布して治そうとは思わないようにしてください。まずは早めに皮膚科へ相談に行くことをお奨めします。

スキンケアブランド「プロアクティブ」の日本市場キャスターに就任したタレントの真鍋かをりさんがニキビで悩んで一時期、引きこもりになっていたことを告白して周囲を驚かせたように、にきびの部位は小さくても人によっては悩みは切実だと思います。

しかし、間違った情報で安易に行動すると後で取り返しのつかないことになってしまうことも考えられるので、慎重になって考えてください。あなた以上にあなたのにきびやにきび跡を気にしている人はいないということをまず頭に入れて適切な処置法を医師に仰いでください。

にきび跡治療を専門的に取り扱う医療機関も増えてきています。渋谷や新宿、世田谷、千葉、大阪、名古屋、福岡、札幌といった大都市部では優れたにきび治療で定評のある専門医院も数多くありますが中小地方都市においても昔から実績のある皮膚科、形成外科等、大手クリニックの分院等がありますので、当サイトでもご紹介していくようにいたします。

にきびの主な原因はアクネ菌の過剰な繁殖によるものと考えられます。思春期ににきびができやすいのは脂腺の活動が盛んになって毛孔(けあな)が詰まる為にアクネ菌が毛穴の中で増殖し、炎症を起こすといわれています。

大人になってからもできるのは皮脂分泌の過剰のほかに皮膚バリア機能の低下、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因があり年齢や性別を問わず、人によっては炎症で肌全体が赤みを帯びてしまい、ひどくなると皮膚組織を破壊しにきび跡、にきび痕としてクレーターのような肌になってしまう可能性があることから
もデリケートなケアが必要になってきます。

人気ブログランキング
にきび跡治療法ナビ | にきび・にきび跡について
スポンサード リンク